京都大学大学院 情報学研究科 通信情報システム 佐藤研究室

学位論文

Dissertations

2017年度

博士論文

修士論文

  • 佐藤 拓朗 : UWBドップラーレーダ干渉計法を用いた複数運動目標のトラッキング
  • 平元 一喜 : 超広帯域レーダと時間周波数領域適応型信号処理を用いた複数歩行人体の分離識別
  • 三谷 壮平 : UWBレーダを用いた就寝中の心拍・呼吸・運動推定技術
  • 村垣 政志 : UWBレーダを用いた可変安定度適応型ビームフォーマによる複数人体の非接触バイタル情報測定
  • 楊 帆 : UWBドップラーレーダ干渉計法とサポートベクターマシンを用いた複数歩行者の分離と追跡
Page Top

2016年度

博士論文

修士論文

  • 穴吹元嗣 : UWBドップラーレーダ干渉計とアダプティブアレイ処理を用いた複数歩行者イメージングと分離識別
  • 今西亮介 : UWBドップラーレーダを用いた身体各部位からの非接触心拍推定
  • 上品彰斗 : 超広帯域レーダを用いた時間・距離情報の適応的信号処理に基づく複数運動目標の分離
  • 浦田一生 : UWBマルチドップラーレーダとアダプティブアレイ処理を用いた複数運動目標の断面形状推定
  • 前原勝利 : 適応型ビームフォーミングを用いた複数人体のバイタル信号分離技術

学士論文

  • 石原 賢 : 車内搭載超広帯域レーダによるバイタル信号の分離
  • 田村 和仙 : 周波数領域干渉計法を用いた超広帯域レーダによる複数人体の位置推定
  • 森本 和志 : アダプティブ信号処理を用いたUWBレーダによる複数歩行人体のドップラー速度推定
Page Top

2015年度

博士論文

  • 山田 英一 : 非線形応答特性を持つ光デバイスを有する光通信システムの伝送特性に関する研究

修士論文

  • 秋山 大地 : 超広帯域レーダによるテクスチャ法を用いた複数運動目標の分離
  • 園部 達也 : 光コヒーレント検波における搬送波位相/周波数オフセット推定へ適用するカルマンフィルタのパラメータ設定

学士論文

  • 大石 健太郎 : 波長分割多重方式を用いた光ファイバ伝送における最適な逆伝搬補償の検討
  • 久保田 匡亮 : MUレーダ多チャンネル観測による地形性クラッターのイメージング
  • 佐藤 拓郎 : UWBレーダによる時間・空間画像上のテクスチャ情報を用いた複数歩行者の分離と追跡
  • 三谷 壮平 : 光コヒーレント検波方式においてカルマンフィルタを用いた搬送波位相/周波数オフセット推定に適用する周波数雑音モデルの評価
  • 村垣 政志 : 適応型ビームフォーマを用いたUWBドップラアレイレーダによる体表面位置の計測
Page Top

2014年度

修士論文

  • 今坂 良平 : UWBドップラーレーダを用いた呼吸と心拍の同時推定法
  • 奥村 成皓 : High-accuracy imaging techniques for medical ultrasound using spatial domain interferometry with adaptive signal processing
  • 加納 佑一郎 : 任意のしきい値での光ホモダイン受信において位相雑音を考慮した高速な誤り率評価法
  • 山﨑 宥記  : UWBマルチドップラーレーダ干渉計を用いた歩行人体の断面形状推定

学士論文

  • 穴吹 元嗣 : 超広帯域ドップラーレーダ干渉計とアダプティブアレイ処理を併用した高分解能イメージング
  • 今西 亮介 : 時空間相関を用いた高精度超音波組織弾性推定法の検討
  • 上品 彰斗 : 光ファイバ中の信号伝搬に対する各種摂動法の精度比較
  • 前原 勝利 : 超広帯域アダプティブアレイドップラーレーダーを用いた複数人体のバイタル信号分離技術
  • 南 翔太郎 : 光ファイバ伝送における相互位相変調の逆伝搬補償の検討
Page Top

2013年度

修士論文

  • 谷村 真弥 : Range-Point-Migration法を用いた高精度超音波胎児体表イメージング
  • 津町 直人 : 長距離光伝送システムにおける正規化摂動法を用いたファイバ非線形効果補償
  • 増渕 陽介 : 光コヒーレント検波における カルマンフィルタを用いた 搬送波位相/周波数オフセット推定

学士論文

  • 秋山 大地 : UWBドップラーレーダ干渉計法を用いた複数歩行人体の識別
  • 岩田 桂一 : ファイバ伝送に対する補償の等化増大位相雑音への影響
  • 万城 孝弘 : 微小気泡の超音波エコーを用いた左心室拡張末期血圧測定に関する研究
Page Top

2012年度

博士論文

修士論文

  • 伊神 皓生 : 壁面多重反射波を利用した仮想マルチスタティックUWBレーダによる任意運動目標イメージング

学士論文

  • 今坂 良平 : UWBドップラーレーダを用いた呼吸・心拍信号検出法
  • 上杉 琢麿 : 波長多重光ファイバ伝送で生じる相互位相変調による劣化の正規化摂動解を用いた補償
  • 奥村 成皓 : 静止目標エコーの抑圧と適応信号処理を用いた超音波頭蓋内血流速度推定
  • 加納 佑一郎: 16値直交振幅変調-光コヒーレント検波方式における光源の位相雑音を考慮した誤り率評価法
  • 山﨑 宥記 : UWBドップラーレーダ干渉計法を用いた複数運動目標の形状推定
Page Top

2011年度

博士論文

  • 内山 宏樹 : ICカードのセキュリティプロトコルカスタマイズ技術に関する研究

修士論文

  • 中原 晃宏 : 光コヒーレント検波方式における電気・光フィルタを考慮したビット誤り率評価法
  • 橋本 大志 : 南極大気レーダートレーニングシステムを用いた航空機クラッター抑圧
  • 藤田 修平 : 壁面多重反射波を利用した影領域の高精度UWBレーダイメージング
  • 森本 潤一 : 赤血球のランダム変化を考慮した相関による医用超音波血流速度推定法
  • 本間 寛明 : UWBドップラーイメージングレーダを用いた複数歩行人体の高精度分離識別

学士論文

  • 谷村 真弥 : 伝搬距離推定を用いた高精度超音波胎児体表イメージング
  • 津町 直人 : 修正1次摂動解を用いた光ファイバ中の自己位相変調の補償
  • 増渕 陽介 : 光コヒーレント検波における拡張カルマンフィルタを用いた搬送波位相推定
Page Top

2010年度

修士論文

  • 阿形 直起 : 疑似XPM雑音法の光振幅位相変調直接検波方式への適用
  • 松木 優治 : 少数アンテナを用いた任意運動目標の高精度UWBレーダイメージング

学士論文

  • 伊神 皓生 : 少数アンテナによる壁面反射波を利用した任意運動目標のUWBレーダイメージング
  • 高本 祐斗 : 正則・対数摂動法を用いた非線形位相雑音評価法の光二相差動位相変調方式への適用
  • 松原 和忍 : UWBドップラーレーダによる人体の形状及び動作のイメージングに関する研究
Page Top

2009年度

修士論文

  • 岡野 慎也 : 光振幅位相変調-直接検波方式における最適消光比と誤り率特性
  • 片岡 祐介 : 周波数・空間領域干渉計法を用いたUWBレーダ車両イメージング
  • 北村 堯之 : 室内における多重散乱波を利用した単一アンテナによるUWBレーダイメージング
  • 佐保 賢志 : UWBドップラーレーダを用いた運動目標の高解像度イメージング法
  • 松本 浩志 : 波形情報最適化による複数目標物体の高精度UWBレーダイメージング

学士論文

  • 中原 晃宏 : 光二相位相変調コヒーレント検波方式における電気・光フィルタを考慮したビット誤り率評価法
  • 橋本大志 : 南極大気レーダーFAI観測用アンテナアレイの設計
  • 藤田修平 : UWBレーダによる多重反射波を利用した影領域の高速イメージング
  • 森本潤一 : 時空間相関を用いた頸動脈血の超音波速度測定法の開発
Page Top

2008年度

修士論文

  • 可児 佑介 : 多点同時送信アレイを用いたスペクトル拡散レーダによる高速立体形状イメージング
  • 木村 智樹 : 周波数領域干渉計法による複数目標検出における高分解能超音波イメージングの実験検討
  • 鮫島 清豪 : 連接化前方誤り訂正符号を用いた光差動位相変調方式における誤り率の数値計算法

学士論文

  • 小田 裕大 : 誤り訂正符号の利用を想定した光多値変調方式の伝送特性の比較
  • 阿形 直起 : 光多相差動位相変調信号に対する相互位相変調の影響
  • 玉置 惣一 : 光直交デュオバイナリ信号のファイバ非線形効果/波長分散に対する耐力
  • 松木 優治 : 目標の運動を利用した少数アンテナによる高精度UWBレーダイメージング
Page Top

2007年度

博士論文

修士論文

  • 小嶋 武郎 : 光差動位相変調方式に対する相互位相変調の影響の統計的評価法
  • 原田 知幸 : マルチスタティック大気レーダーと適応信号処理による高空間分解能3次元風速場推定法
  • 前島 宗久 : モード結合を考慮した選択モード励起法による多モードファイバ伝送

学士論文

  • 岡野 慎也 : 光多相差動位相変調方式の理論限界における誤り率
  • 片岡 祐介 : 周波数領域干渉計法と可逆変換を用いた高分解能車載レーダ方式の開発
  • 北村 堯之 : 多重散乱波を利用した単一素子によるUWBレーダイメージング
  • 佐保 賢志 : 製品検査への応用を想定したUWB高解像度イメージング法
  • 松本 浩志 : 大域的最適化による人体形状高速イメージング技術
Page Top

2006年度

博士論文

修士論文

  • 磯田 健太郎 : スペースデブリレーダーのための効率的信号検出法及び高精度軌道推定法
  • 岡田 紘明 : 自己/相互位相変調の誤り率に対する影響の評価法
  • 関 鷹人 : UWBパルスレーダによる高速画像化手法のためのカルマンフィルタを用いた特性改善
  • 吉田 剛 : 波形劣化した光差動位相変調信号に対するQ値推定法の改良

学士論文

  • 小田 裕大 : 誤り訂正符号の利用を想定した光多値変調方式の伝送特性の比較
  • 可児 佑介 : UWBパルス送受信アレイを用いた高速物体形状推定法の実験検証
  • 木村 智樹 : MUレーダー多チャンネル受信による大気乱流の高分解能イメージング
  • 織野 太輔 : 光フィルタ狭帯域化に対する誤り率計算法の確度に関する研究
Page Top

2005年度

博士論文

  • 平田 和史 : アンテナ配置最適化による不要波抑圧技術に関する研究

修士論文

  • 後藤 英公 : 赤道大気レーダーのマルチスタティック化による3次元風速場推定法の開発
  • 後藤 雄哉 : レイトレイシングによる土星磁気圏プラズマ中におけるホイスラーモード波の伝搬に関する研究
  • 田中 謙一郎 : 周波数利用効率を向上させる波長分割多重方式の伝送特性
  • 広瀬 孝昭 : 分布ラマン増幅光伝送路における二重レイリー散乱雑音の各種変調方式に適用可能な評価法

学士論文

  • 小嶋 武郎 相互位相変調の影響を受けた差動位相変調信号の評価法
  • 原田 知幸 マルチスタティック大気レーダ信号処理システムの開発
  • 前島 宗久 励起モード選択によるマルチモード光伝送の特性改善
Page Top

2004年度

博士論文

修士論文

  • 赤井 誠一 : 相互位相変調による波形劣化の統計的評価法の制度向上
  • 木寺 正平 : 散乱波形推定を用いたUWBパルスレーダーのための高精度物体像推定法の開発
  • 松山 哲大 : 光差動位相変調方式に対する伝送性能推定法

学士論文

  • 磯田 健太郎 : 目標の運動モデルを用いたスペースデブリレーダの検出感度向上法
  • 岡田 紘明 : 光増幅器雑音と非線形効果の間のビート雑音を考慮した受信特性
  • 高井 智明 : 赤道大気レーダのディジタル受信機アレイにおける自動アンテナ位置較正法
  • 中野 剛 : 差動位相変調における波形劣化の伝送特性への影響
  • 吉田 剛 : レイトレーシングによるVHF帯電波の赤道横断伝搬の研究
Page Top

2003年度

博士論文

  • 黒川 悟 : 超広帯域パルスを用いた時間領域空間計測法と小型プリント基板電磁界センサの開発
  • 山本 俊明 : A fast and accurate method for evaluating Raman crosstalk in wavelength-division-multiplexed optical transmission systems

修士論文

  • 伊藤 健一 : 40Gbit/s波長分割多重伝送システムにおける各種光変調方式の伝送特性
  • 岩田 健吾 : 人工雑音環境下における低ビットレート片方向通信方式
  • 亀澤 裕之 : 光2乗検波特性において消光比と波形劣化を考慮したシステムパラメータ推定法
  • 福尾 憲司 : マルチスタティック大気レーダによる風速推定精度の検討

学士論文

  • 周 欣 : ラマンクロストークの解析的評価法の比較
  • 細川 匡志 : スペースデブリレーダを用いた微小物体の軌道決定法
  • 広瀬 孝昭 : 分布ラマン増幅伝送路における二重レイリー散乱雑音の強度分布
  • 八島 秀旭 : 超音波視覚障害者誘導システムにおけるリアルタイム画像再構成法の研究
Page Top

2002年度

博士論文

  • 後藤 由貴 : Stochastic approaches to inverse problems in plasma wave analysis

修士論文

  • 内山 宏樹 : 磁気嵐に伴うプラズマポーズ近傍のコーラスに関する研究
  • 神尾 和憲 : 高利得アレー用アダプティブサイドローブ抑圧法
  • 斎藤 利行 : 人工雑音環境における地下掘削機との通信方式の開発
  • 堤 修一 : MUレーダーと高感度ビデオカメラの同時観測による微光流星の研究

学士論文

  • 赤井 誠一 : 相互位相変調による波形劣化の統計的解析の研究
  • 加美 幸一 : 低コストな構成による短光パルス生成法
  • 木寺 正平 : 超広帯域信号を用いた物体位置及び形状推定法の開発
  • 佐脇 豊 : レイトレイシングによる低緯度ホイスラーの地上への伝搬に関する研究
Page Top

2001年度

修士論文

  • 秋元 陽介 : あけぼの衛星のデータベースを用いたプラズマ波動スペクトルの自動分類法の研究
  • 堀田 誠司 : 超広帯域電磁波を用いた物体の位置推定アルゴリズム
  • 丸岡 正典 : 理想光フィルタを用いた2乗検波光受信機に対する波形劣化を考慮した受信特性推定法

学士論文

  • 伊藤 健一 : あけぼの広帯域受信器データのリアルタイム処理システムの開発
  • 岩田 健吾 : 地下掘削ドリルヘッドの位置検出における人工雑音の効率的除去法
  • 亀澤 裕之 : 理想光フィルタを用いた光前置増幅受信機における閾値固定に関する研究
  • 福尾 憲司 : あけぼの衛星で観測された弱いVLF-LF帯ヒスに関する研究
  • 丸本 雅人 : 近距離目標に対する高分解能超音波誘導システムの概念設計
Page Top

2000年度

博士論文

  • 内藤 出 : 衛星通信用反射鏡アンテナの多機能化に関する研究

修士論文

  • 河村 憲一 : 圧縮型磁場モデルを用いたホイスラーモード波のレイトレイシング
  • 新津 良太郎 : 極域イオン加熱現象に関するあけぼの衛星波動・粒子データの相関解析
  • 西村 耕司 : MUレーダーを用いた高精度流星軌道決定法の開発
  • 山本 俊明 : 広波長域WDMシステムにおける線形近似した誘導ラマン散乱による波形劣化量の評価法

学士論文

  • 内山 宏樹 : 磁気嵐に伴なうプラズマポーズ近傍のコーラスの到来方向と強度に関する研究
  • 斎藤 利行 : 人工雑音環境における地下掘削ドリルヘッド位置検出法の開発
  • 田島 勇人 : オーロラオーバルの形状とその変化に関する研究
  • 堤 修一 : 衛星ドップラー降雨レーダーの実現性評価
  • 藤岡 純平 : 広波長域WDM光伝送システムにおけるストークス利得を考慮に入れた誘導ラマン散乱の影響
  • 真鍋 裕之 : 非ガウス雑音を仮定した誤り率推定に関する研究
Page Top

1999年度

修士論文

  • 後藤 由貴 : ガウス分布モデル波動分布関数法を用いた伝搬ベクトル推定手法に関する研究
  • 多田 有己 : 2次元非直交ウェーブレットを用いた地下探査レーダ画像の雑音除去
  • 渡辺 有吾 : 符号間干渉を考慮した光前置増幅受信機の閾値固定の影響に関する研究

学士論文

  • 秋元 陽介 : あけぼの衛星により観測された電磁波動データベースによる磁気圏VLF/ELF波動分布の統計解析
  • 北野 明 : あけぼの衛星で観測されたポーラーキャップアークとプラズマ波動に関する研究
  • 阪本 卓也 : MUレーダーとの降雨同時観測によるTRMM降雨レーダーの地上較正
  • 高見 亮一 : 雑音を考慮に入れたVSBデュオバイナリ方式による周波数利用効率向上に関する研究
  • 堀田 誠司 : ノンパラメトリックな到来角推定法を用いたレーダ画像化手法の研究
  • 丸岡 正典 : 波形劣化のある場合にガウス雑音を仮定したQ値推定に関する研究
Page Top

1998年度

修士論文

  • 高野 豊久 : 波長規模物体による散乱波の高速推定法に関する研究

学士論文

  • Ben Jebbour Anass : VSB-Duobinary方式による周波数利用効率の改善に関する研究
  • 河村 憲一 : 画像処理による電子プラズマ周波数の推定とオーロラプラズマキャビティに関する研究
  • 志水 亮一 : MUレーダーによる流星ヘッドエコーの軌道決定法の開発
  • 新津 良太郎 : あけぼの衛星広帯域VLFスペクトル受信機を用いた極域プラズマ波動の波形解析
  • 室谷 佳宏 : 応答特性が未知な地下探査レーダーを用いた埋設物の形状推定
  • 山本 俊明 : 誘導ラマン散乱を考慮に入れた超多波長域WDM・多中継光伝送システムに関する研究
Page Top

1997年度

修士論文

  • 岩崎 滋 : 3次元地下埋設物物体像再構成法の研究
  • 黒嶋 健仕 : 近距離空間ダイバーシティを用いた衛星同報通信連携プロトコルの開発
  • 布施 栄次 : 2次元放物型ウェーブレットを用いた地下探査レーダ画像の雑音除去

学士論文

  • 西村 恒人 : あけぼの衛星で観測された上方伝搬するオーロラヒスに関する研究
  • 山本 享弘 : アダプティブアンテナにおける受信機非線形性の影響の評価
  • Cheng Chee Mun : Feature extraction of subsurface radar signals using time-frequency analysis
  • 多田 有己 : 衛星同報通信におけるトランスポート層プロトコルの研究
Page Top

1996年度

修士論文

  • 竹村 和久 : 分散性媒質に適用可能な地下埋設物のレーダー信号処理法に関する研究
  • 彭 瑞椿 : MUレーダーと航空機搭載レーダーを用いた衛星搭載レーダー降雨推定法に関する研究
  • 濱野 正嗣 : 広帯域信号に対するアダプティブアレイの制御アルゴリズムに関する研究
  • 増田 智 : DCMPアダプティブアンテナのニアフィールドにおける干渉波抑圧
  • 松浦 孝行 : あけぼの衛星で観測されたELF波動の伝搬及び強度に関する研究

学士論文

  • 高野 豊久 : レイトレイシングにおけるエッジ回折波の精度向上
  • 中野 貴之 : あけぼの衛星 ELF 波動データベースを用いた極域低周波ノイズの統計解析
  • 西山 俊宏 : 極域における不規則プラズマ構造を考慮したオーロラヒスの伝搬解析
Page Top
Copyright © 2003-2012 Sato Lab. All Rights Reserved.